子供の英語・セブ島バリ島親子留学・海外旅行|ぴなログ

子供の英語、バリ島・セブ島・親子留学・子供のこと・海外通販などについておかん目線で発信しています。

バリ島 バリ島 海外旅行 親子留学

【子連れ旅】バリ島ナイトサファリツアーに8歳の息子と行ってきたよ。チケットは20%OFFで予約しよう!【料金・所要時間・アクセス方法】

更新日:

バリ島ナイトサファリ_子連れ旅行8

平日は学校に行っているし、学校のない土・日はプチトリップの予定にしているので、学校から帰って来きた後にでも行けるアクティビティってないかなぁ・・と探していたら「ナイトサファリ」の文字。

ぴなこ
バリ島に来てまでわざわざサファリっていうのもなぁ。。

っと弱冠やる気のない母。

さんなん
サファリ行きたいっ。サファリ行きたいっ。サファリってなん??

わかってないんかいっ。

そうだ、三男はサファリ行ったことないかもしれない。

そりゃいっちょ連れてってやっていいか。。くらいの気持ちでサファリに参加してみることに。

この私の気持ちは良い意味で裏切られることになるんだけどね。

そんなこんなで息子と参加した、バリ島ナイトサファリのレポと料金やチケットをお得に買えるサイトも紹介します!

バリ島ナイトサファリの基本情報【スケジュール・場所・料金・所要時間】

まずはバリ島ナイトサファリの基本情報から。場所・料金・スケジュール・所要時間などを紹介します。

ナイトサファリが楽しめるバリサファリ&マリンパークってどこにあるの?

ナイトサファリはバリ島のギャニャールにあるバリサファリ&マリンパークのアクティビティです。住所と地図はこちら!

住所 : Jl. Profesor Ida Bagus Mantra km 19,8, Serongga, Kec. Gianyar, Kabupaten Gianyar, Bali 80551

ナイトサファリのスケジュール

ナイトサファリのメニューとスケジュールです。

  • ウェルカムドリンク
  • ナイトサファリ
  • ウォーキングサファリ
  • アフリカ!リズム オブ ファイヤーショー
  • 夜行性野生動物との出会い
16:30-17:00頃 ホテルにお迎え(バリサファリの無料シャトルバス)
18:10頃~ VIPラウンジでウェルカムドリンク
18:20頃~ ウォーキングサファリ(コモドドラゴン、イグアナ、フクロウなどを観察)
19:10-19:45 ナイトサファリジャーニー(ナイトサファリ専用車に乗ってパーク内のジャングルへ)
19:50~ ライオンレストランでビュッフェディナー
20:30-20:50 アフリカンダンスショー
21:00 バリサファリを出発(バリサファリの無料シャトルバス)
21:30-22:00頃 ホテル到着
-- ※時間は目安。※当日の状況でスケジュールの順番が入れ替わる場合もあり。

 

ナイトサファリのチケットは20%OFFで予約しよう!

ナイトサファリはHISなどの日本の旅行会社でも購入できるけど、それだと高いっ!

公式サイトからも購入できるけど英語での購入になっちゃいます。

それが、バリサファリが公式で販売しているサイトから購入すればなんと20%OFFだって!

ぴなこ
日本語で購入できる上、クタ・ヌサドゥア・サヌールエリアなら往復の無料シャトルバスがあるので事前予約をしておいた方が断然便利。

購入できるのはこちらから

まずは上記のサイトででナイトサファリのチケットを2人分購入しました。

バリサファリ公式販売サイト
大人 7,511円
子供 6,052円

(日本円の価格はレートにより多少前後します。)

 

ナイトサファリへのアクセス方法

ナイトサファリへは往復無料のシャトルバスがついているので現地ツアーを予約するのが一番便利です。

サファリの近くにステイしている場合は、直接バリサファリへ行ってチケットを購入することも可能ですよ。

ただし、ハイシーズンは予約でいっぱい(;'∀')ということもあるのでやはり事前予約が安心ですね。

往復無料のシャトルバスを利用する

サファリまでの往復無料シャトルバスを利用する方法。

先ほどの予約サイトから予約時にどこのホテルに滞在しているかを記入します。

無料シャトルバスはピックアップする場所が決まっていて、それぞれクタ・サヌール・ヌサドゥアエリアの決められたホテルでピックアップしてくれます。

ピックアップしてくれるホテルまでは自分で行く必要があります。

このバスを利用する場合は、体験の24時間前までに必ず予約すること!と書いてあります。

【シャトルバス情報】
<ピックアップ時間>

16:30 バリ・ダイナスティー・リゾートホテル(クタ)
17:00 ノボテル・ヌサドゥア
17:00 サヌール・パラダイス・プラザ・ホテル

いざ バリ ナイトサファリへ!

私たちはデンパサールのゲストハウスにいたので、一番近いクタのバリ・ダイナスティーリゾートでピックアップするとの連絡がありました。

私たち以外にも4組ほどのツアー参加者がダイナスティーリゾートのロビーで待っていました。

(あぁダイナスティーリゾートのゴールデンロータスで飲茶食べたいな)

バリ島_ナイトサファリ_子連れ

待つこと10分ほど。

絶対に見間違うことのないナイトサファリラッピングバス到着。

バリ島_ナイトサファリ_子連れ

バスに乗る前にステッカーを渡されて、胸の辺りへ貼るようにと言われます。

そしてこのステッカーがなかなか剥がれない。

バリ島_ナイトサファリ_子連れ

ツアーで一緒になった白人の老夫婦も悪戦苦闘!!

そこで小さな手の息子が大活躍。ぺろりっとはいでご婦人へ「ハイどうぞ」と。

なかなかジェントルマンな息子です。

サファリバスに乗ってバリサファリ&マリンパークへ

さてバスに乗って現地へGO!

バス全部がペイントされているため外の景色が見えづらい。。

ほぼ外が見えないので、一体どこへ運ばれてるの?感を感じながら目指すはサファリ。

バリ島_ナイトサファリ_子連れ

高速も利用しながらバスに揺られること約50分。ようやく到着!

そしてこんなキリンがお出迎えしてくれました。

予約してる人は左へ」「予約してない人は右へ」の案内が出ています。

バリ島_ナイトサファリ_子連れ

予約しているからチケットをすぐにもらえて中に入れるのかと思いきや・・・

予約名を言ってチケットをもらうのにチケットカウンターで並ばないといけない。しかも結構人が多い。

予約名がないよ~と言われながら、ようやくチケットをもらうまで15分ほど。

効率悪いところもバリです。南国です。でもいいんです。それもひっくるめてバリらしさ。

バリ島_ナイトサファリ_子連れ

ウェルカムドリンクを飲みながら出発までラウンジで待機

チケットを渡された後はVIP ラウンジで待つように案内されます。

ここは、昼間にあるRHINOパッケージ参加者が使えるラウンジで、ナイトサファリでもこのラウンジを使用します。

バリ島_ナイトサファリ_子連れ

 

ラウンジの中はアフリカンなテイストでオシャレ。

バリ島_ナイトサファリ_子連れ

 

ゆったりとしたソファに座ってツアーの順番が来るまで待ちます。

 

ここでウェルカムドリンク。

ミントとレモンのさっぱりとしておいしいジュース。

息子は一口飲んで「むりーー」って言うんで私が2杯ゴクゴク。確かに大人な味です。

バリ島_ナイトサファリ_子連れ

まずはウォークサファリへ

順番が来ると専用バスに乗ってサファリ内を移動します。

バリ島_ナイトサファリ_子連れ

約30名くらい乗ってたかな。

バリ島_ナイトサファリ_子連れ

そしてバスを降りてからはウォークサファリです。

この看板には日本語の案内も。

バリ島_ナイトサファリ_子連れ

 

クルースタッフの説明を聞きながらヤマアラシやコモドドラゴンなどの動物達を見ていきます。

いたいたコモドドラゴン。

 

ロープ1本だけ隔ててすぐそこにゾウさん。ちょっと手をのばすと鼻が触れるくらい。

近い!とても近い!日本じゃあり得なさそうなくらい近い!

触っていいの?ダメなの?いいも、悪いも書いてないし(笑)

しかもスタッフはさっさと行ってしまって近くにいないのと、すっかり夜になって暗いのとで少し怖いので触らず撤退!

バリ島_ナイトサファリ_子連れ

進んでいくと遺跡のような建物の中に入っていきます。

まさに「夜の探検」という感じで子供達ははしゃいで嬉しそう。

大きな木にとまっているフクロウがお出迎え。

まるで物語の始まりのようだよね。

バリ島_ナイトサファリ_子連れ

トラの壁画があったりと雰囲気は申し分なし。

バリ島_ナイトサファリ_子連れ

kちらコピルアッで有名なジャコウネコ

このジャコウネコの糞から取れるコーヒー豆がコピルアッになるんです。

糞の中にあるコーヒー豆を使おうとした最初の人すごいよね。

 

檻がついたバスに乗り込んでメインツアーへ出発

金網のついた専用のバスへ乗り込んでいよいよメインツアーへ。

バスの店員は十数名ほど。

バリ島ナイトサファリ_子連れ旅行8

私たちがズンズンと檻に入っていきます。

バスに乗ってみたらわかるんだけど、日本のサファリバスより幅が狭いし(座らず立って移動)金網までの距離も近いので、動物達も近距離で見れるんだろうなぁ。

バリ島_ナイトサファリ_子連れ

バスに乗って進んでいくとまずは草食動物のエリアから。

しまうまにニンジンあげます♪

バリ島_ナイトサファリ_子連れ

サイも大きくて迫力がある! 逞しい体。サイには餌をあげず見るだけ。

バリ島_ナイトサファリ_子連れ

こちらはキリンの赤ちゃんだそう。キリンが座ってる姿見れるのってなかなかレアじゃない?

ゾウさんも食べに来てくれた。かわいい~ 意外と目鋭い。

バリ島_ナイトサファリ_子連れ

他にもすごく角が大きい牛達もいましたよ。(名前聞いてない・・)

バリ島ナイトサファリの見どころは迫力のある肉食獣ゾーン。トラの足やお腹に触れる!?

ここからはいよいよ猛獣ゾーン。バリ島ナイトサファリの一番の見どころになるところですね。まずはライオンから。

ライオンに餌をあげるスタッフ。

手っ!手であげてるっ!トング的なやつ使わなくて素手でっ。

安全管理のテキトーさがさすが東南アジア!って感じですよね。

来ましたタイガーゾーン。

あ~やっぱり肉食獣ではトラが一番好きだなぁ。かっこいいなぁ。

バリ島_ナイトサファリ_子連れ

 

あーーーっ。バスの上あがって来たー。

トラを下から見上げることもそうそうない。

バリ島_ナイトサファリ_子連れ

 

そしてまた手で餌を。手で。べーろべーろって。

 

しかもその隙にトラのお腹や足など触れちゃいます。

この安全管理の甘さとかやはり日本ではあり得ないやつ。

でも貴重でしょ。こんな事ができるのも。

バリ島_ナイトサファリ_子連れ

息子もお腹をツンツンしてみて

「うわぁ~なんか濡れてるー」って大興奮。

トラを最後にバスのツアーは終了。

ライオンレストランでブッフェディナーを楽しむ

ツアーが終わるとブッフェディナーを食べます。

ディナーを食べるライオンレストランは広くてオシャレ!

ここのバリサファリ&マリンパークは宿泊もできるので宿泊客も利用するレストランですよ。

バリ島_ナイトサファリ_子連れ

 

レストランの中に大きな木があったりどこもアフリカンな野性味のあるテイスト。

バリ島_ナイトサファリ_子連れ

ブッフェのメニューはナシゴレン・ミゴレン・アヤムゴレン(鳥のから揚げ)・野菜のBBQ・サラダ・パン・フルーツなど。

だいたいアクティビティのブッフェメニューはこんな感じだね。

バリ島_ナイトサファリ_子連れ

なぜライオンレストランなのかと言うと、ネーミング通りライオンエリアに面しており、ライオンを眺めながら食べることができるんです。

結構近いところにいる。

バリ島_ナイトサファリ_子連れ

サファリのバスもやってきますよ。

檻の中からライオンを見てる人たちを見るというなかなか面白い光景。

乗ってる時はわからなかったけど私たちもこんな風にレストランから見られてたんだなぁ(笑)

バリ島_ナイトサファリ_子連れ

食事が終わるころになると「アフリカンダンスが始まるよー。ロビーに集まってー」とアナウンスがあります。

おまけ程度に思っていたアフリカンダンス。

いやいや、意外と本気で侮れないじゃないのっ!

バリ島_ナイトサファリ_子連れ

衣装も凝っていてライオンキングばりのしっかりとしたショー。

30分ほどはあったかな?見応えあったー。

バリ島_ナイトサファリ_子連れ

動画も少し撮りました。

ちびっこが見ると危険なお土産屋さんゾーンもしっかりありますよ。

かわいいぬいぐるみやグッズがたくさん。

バリ島_ナイトサファリ_子連れ

ぬいぐるみ大好きな乙メンな息子はゾウさんのぬいぐるみをゲット。

実はインドネシアにしかいない鳥、ジャラックプティのぬいぐるみもあったりしてゾウさんと迷いに迷う。

白くて目の青い鳥ね。

バリ島_ナイトサファリ_子連れ

お土産屋さんも堪能したら、無料のシャトルバスに乗って行きと同じホテルまで送ってくれます。

バリ島_ナイトサファリ_子連れ

子供も親も一緒に楽しめたナイトサファリ

最初はバリ島に来てまでサファリか・・とあまり乗る気でなくてごめんなさい。

そうだ根本的に動物好きだし、楽しかったなあ。

特に金網のついたサファリバスに乗って見る肉食獣は迫力があるし、日本では触ることなんてできないし、貴重な体験。

もうちょっと檻のバスに乗って巡る時間が長いとなお良かったな。

バリサファリ&マリンパークは宿泊もできるので、次回はここに宿泊して昼のサファリも行こうね!と息子と約束。

さんなん
今度はホテルにも泊まってみたい!

子供達は楽しめること間違いなしなので子連れでバリを訪れたらぜひ参加してほしいアクティビティですよ。

 

 

-バリ島, バリ島, 海外旅行, 親子留学
-,

Copyright© 子供の英語・セブ島バリ島親子留学・海外旅行|ぴなログ , 2018 All Rights Reserved.